PR

キャンプ道具メンテナンスについて

本ページにはプロモーションが含まれます
スポンサーリンク
キャンプ道具メンテナンスについて

「リュブリカント(リブリカンツ)オイル」とフィリップス66が所有する「76ルブリカンツ」とは

アウトドアキャンプにおけるリュブリカントとは、主にテントやタープのポールなどの金属製部品を接続したり、動かしたりする際に使用する、滑りを良くするための潤滑剤のことです。適度に摩擦を軽減して、ポールをスムーズに通したり、調整したりするのに役立ちます。リュブリカントを使用することで、ポールを破損したり、怪我をしたりするリスクを軽減できます。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドアキャンプ用語『ジェネレーター』のメンテナンス

アウトドアキャンプにおいて、ジェネレーターは電力源として重要な役割を果たします。発電機とも呼ばれ、燃料を使用して電気を発生し、照明や電子機器の電源を供給します。ジェネレーターを使用することで、キャンプ場でも快適に過ごすことができ、携帯電話の充電や調理器の使用など、さまざまな用途に活用できます。
キャンプ道具メンテナンスについて

シームをマスターしてアウトドアを快適に!

シームとは、テントやレインウェアなどのアウトドア用品における縫い目のことです。生地をつなぎ合わせるために施され、雨や風などの侵入を防ぎます。シームには、縫い合わせる生地の重なり具合や防水・防風加工の有無など、さまざまな種類があります。適切な構造と処理が施されたシームは、アウトドアアクティビティを快適にしてくれます。
キャンプ道具メンテナンスについて

グリーンランドワックス:キャンプギアの防水加工をマスターしよう

グリーンランドワックスとは? グリーンランドワックスは、グリーンランドのイヌイット民族が狩猟用の道具やボートの防水加工に使用していた、伝統的なワックスです。主に天然樹脂とオイルから作られ、キャンバスや革などの素材に防水性と耐久性を与える効果があります。グリーンランドワックスは、キャンプギアの防水加工に適しており、テント、タープ、リュックサック、シューズなど、さまざまなアイテムに使用できます。
キャンプ道具メンテナンスについて

ガソリン抜き取りポンプとは?使い方!自作できる?キャンプで役立つ仕組み

-ガソリン抜き取りポンプの役割と仕組み- ガソリン抜き取りポンプは、燃料タンクからガソリンを安全かつ効率的に抜き取るために使用される装置です。ツーリングやキャンプにおいて、適切なガソリン補充を行ったり、複数の車両の燃料を移動したりする際に便利です。 仕組みは単純で、ポンプ本体に付属のチューブを燃料タンクに挿入します。ポンプを操作すると、チューブを通してガソリンがポンプ本体に吸い込まれ、圧力がかかって反対側のチューブから放出されます。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドアキャンプ用語「シャープナー」徹底解説

シャープナーとは、ナイフやハサミなどの刃物類を研いで鋭さを回復させる道具のことです。 キャンプでは、料理の際にナイフを使用したり、ロープや枝を切断したりする機会が多いため、刃物がよく切れる状態を保つ必要があります。そのため、キャンプでの食事や作業をスムーズに行うために、シャープナーを携帯することが不可欠となっています。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドアで必須知識!キャンプ用語『刃返り』を徹底解説

キャンプにおいて、「刃返り」という用語は頻繁に使用されます。これは、ナイフの刃が折れ曲がったり、欠けたりした状態のことを指します。刃返りが発生すると、ナイフの切れ味が悪くなり、作業の効率や安全性が低下してしまいます。 刃返りが発生する原因はいくつかあります。最も多いのは、硬い物体にナイフをぶつけた場合です。また、過度に力を入れたり、刃に横からの力が加わったりした場合にも発生しやすくなります。刃返りの有無を見分ける方法としては、ナイフを水平にして光にかざす方法があります。刃に光が均等に当たらない場合は、刃返りが発生している可能性があります。また、刃を爪で引っ掛けてみて、引っかかりを感じた場合も刃返りのサインです。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドア用語「シームテープ」のすべて

アウトドア用語の「シームテープ」は、衣類やギアの縫い目を塞ぐ防水・防湿テープのことです。このテープは、生地の縫い目に熱圧着され、水分や湿気が染み込むのを防ぎます。シームテープが施された衣類やギアは、雨や雪など悪天候下でも濡れず、快適に着用することができます。
キャンプ道具メンテナンスについて

テントシールとは?アウトドア・キャンプで知っておきたい基礎知識

-テントシールって何?その仕組みとは- テントシールとは、テントの縫い目に塗布される特殊なコーティング剤のことです。このコーティングは、テントを雨水や湿気から守るための重要な役割を果たします。 テントシールは、テントの生地が重なり合う縫い目に極薄の膜を形成します。この膜は、雨水が縫い目から染み込むのを防ぎ、テント内をドライに保ちます。さらに、テントシールは生地の劣化を防ぐ効果もあります。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドア・キャンプ用語『革研』とは?使い方や種類を徹底解説

革研とは、革新研究会の略で、主に学生や社会人によって運営されているキャンプのサークルや組織を指します。革研の特徴は、通常のキャンプとは異なり、独自の活動スタイルを持っている点です。具体的には、ハイキングや登山、自然保護活動、研究発表など、キャンプを基盤とした幅広い活動を展開しています。また、革研は共同生活や自治活動を通じて、協調性や社会性を育む場としての役割も果たしています。
キャンプ道具メンテナンスについて

燃焼式ランタンのマントルとは?

マントルの役割と仕組み 燃焼式ランタンのマントルは、燃料の効率を高め、より明るい光を放出するために重要な役割を果たします。マントルは、通常セラミック素材の酸化セリウムや酸化トリウムで構成された小さなメッシュ状の袋です。 ランタンに火を点けると、燃料はマントルのメッシュの表面で燃焼します。この燃焼により、極めて高い温度が発生し、マントルが白熱して光を発し始めます。マントルの素材は、高い温度に耐え、光を効率的に放出するように設計されています。
キャンプ道具メンテナンスについて

ポンプカップのメンテナンスで快適キャンプ!

キャンプにおいて、ポータブルトイレを使用する際に不可欠な部品がポンプカップです。これは、ポータブルトイレのタンクから汚物を排出する際のシールを保ち、漏れやにおいを防ぐ重要な役割を果たしています。ポンプカップは、通常、ゴムや合成樹脂などの柔軟性のある素材で作られており、定期的なメンテナンスが必要です。適切なメンテナンスを行うことで、ポータブルトイレの性能を維持し、快適なキャンプを過ごすことができます。
キャンプ道具メンテナンスについて

シームシーラーでキャンプを快適に!テントのメンテナンスをマスターしよう

キャンプでの快適性を保つ上で欠かせないのが「シームシーラー」です。これは、テントの縫い目やジッパー付近など、水の浸入を防ぐためにコーティングするものです。テントの縫い目は、経年劣化や使用によって細かい隙間が生じ、そこから雨水が侵入してしまうことがあります。シームシーラーはこの隙間を埋めることで、テント内部への水の侵入を防ぎ、不快感や寒さからキャンパーを守ります。そのため、テントの快適さを保つには、定期的なシームシーラーの塗布が不可欠なのです。
キャンプ道具メンテナンスについて

ショックコードの役割と交換方法

-ショックコードの役割とは?- ショックコードは、カヤックやSUPボードなどのパドルスポーツ用のギアを所定の位置に固定する重要な役割を果たします。 ケージやバンジーコードに接続したり、デッキに直接取り付けたりすることで、パドル、リーシュコード、その他の必需品を安全に固定します。適切な衝撃を吸収し、過酷な環境下でもギアをしっかりとホールドすることで、アクティビティ中の安全性を確保することが求められます。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドアの鉄鍋シーズニングで快適キャンプライフ

シーズニングとは、アウトドアで使用する鉄鍋を熱と油で処理し、表面に耐久性のある保護層を形成することです。この層は、鍋を錆や腐食から守ったり、焦げ付きを防いだりします。つまり、シーズニングを施した鉄鍋は、より長持ちし、手入れが容易になります。しかも、食材に鉄分が補給されるという、健康上のメリットも得られます。
キャンプ道具メンテナンスについて

ネックガードとは?アウトドア・キャンプ用語

ネックガードの役割は、アウトドア活動やキャンプにおいて非常に重要です。ネックガードは、首や顔面を寒さ、風、紫外線から守るために使用されます。寒い環境では、ネックガードは体温を保持し、首を寒さから守ります。また、強風から首を保護し、砂埃やほこりの侵入を防ぎます。さらに、ネックガードは、有害な紫外線から首や顔面を保護し、日焼けやその他の皮膚の損傷を防ぎます。全体として、ネックガードはアウトドア愛好家にとって、快適性、保護、そして安全性を高めるために不可欠な装備品なのです。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドアキャンプの必須知識!ダッチオーブンのシーズニング

シーズニングとは、ダッチオーブンの表面に油をしみ込ませてコーティングし、料理がくっついたり錆びたりしないように保護する作業のことです。シーズニングされた表面は、まるでフライパンのテフロン加工のように、汚れが付きにくく、焦げ付きにくくなります。このコーティングは、ダッチオーブンを長持ちさせ、料理の性能を向上させます。適切にシーズニングされたダッチオーブンは、何年も使用できますので、アウトドアキャンプで快適かつ安全な料理を楽しむために、シーズニングは不可欠な手順となります。
キャンプ道具メンテナンスについて

アルマイト加工とは?アウトドアキャンプ用語を解説!

アルマイト加工の定義 アルマイト加工とは、アルミなどの金属表面を電気化学的に処理し、硬く耐食性の高い酸化皮膜を形成する技術のことです。この皮膜は、耐摩耗性、耐熱性、耐食性を向上させます。アウトドアキャンプ用品では、調理器具や食器、フレームなどに広く用いられています。アルマイト加工された表面は、黒色や銀色などさまざまな色に仕上げることができ、耐傷性にも優れています。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドア必携アイテム!リペアシートの使い方

リペアシートとは、屋外で使うアイテムが破損した際に簡易的に修理するためのシートです。丈夫で耐水性がある素材でできており、破れや裂け目などの損傷を補修するために使われます。アウトドア用のテントや寝袋、衣類など、幅広いアイテムに使用できます。軽いので持ち運びも楽で、アウトドア活動中の備えとして持っておくことで、不測の事態にも安心です。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドア用語:加水分解について

加水分解とは? アウトドアアクティビティでよく使われる素材の1つにナイロンがあります。このナイロンは、水にさらされると加水分解と呼ばれる反応が起こることがあります。加水分解とは、化学反応の一種で、水が物質の分子鎖を分解して破壊してしまうものです。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドアの撥水加工とは?種類と使用方法を解説

撥水加工とは、特定の物質やコーティングを生地や素材に施すことで、水滴をはじき、生地内部への水の浸透を防ぐ加工のことです。この加工を施すことで、アウトドアギアや衣類は雨や湿気から守られ、快適で乾いた状態を保つことができます。撥水加工にはさまざまな種類があり、それぞれ撥水性のレベルや耐久性が異なります。
キャンプ道具メンテナンスについて

ランタンの空焼き:マントルを輝かせるための必須作業

-空焼きとは?- ランタンの空焼きとは、新しいマントルを取り付ける前に、マントルを適切に発光させるために熱処理を行う重要なプロセスです。マントルは、燃焼中に熱と光を発する繊細な素材です。空焼きにより、マントルに残留している水分や不純物が除去され、均一に光るようになります。この工程を怠ると、マントルの寿命が短くなったり、不完全燃焼を引き起こしたりすることがあります。
キャンプ道具メンテナンスについて

返りバリ徹底解説!アウトドア・キャンプ用語

返りバリとは、金属などの加工品における切断面や折り曲げ部分に生じる、鋭利で尖った突起のことです。アウトドア用品の多くは金属が使用されているため、製造時に返りバリが発生することがあります。返りバリは鋭利なため、取り扱い時に手を切ったり、衣類を破いたりする恐れがあります。
キャンプ道具メンテナンスについて

アウトドアキャンプで知っておきたい『リュブリカント』

「リュブリカント」とは、摩擦を低減するために、表面に塗布または適用される物質です。アウトドアキャンプでは、テントやタープの縫い目やジッパーの滑りを良くし、設営や撤収を容易にするために使用できます。 リュブリカントには、シリコン、テフロン、グラファイトなど、さまざまな種類があります。シリコンは柔軟性と耐水性に優れ、テフロンは低摩擦で耐熱性に優れています。グラファイトは、高温環境でも優れた潤滑力を発揮します。
スポンサーリンク